3月 15 2016

重い腰を上げて検診へ

Published by under 未分類

現在40歳です。乳がん検診・子宮がん検診ともにそろそろ受けなくてはいけないなと感じています。しかし、乳がん検診はこれまで一度も受けたことはありません。子宮がん検診に関しては、妊娠をした時と、出産後の定期健診でこれまで4回受けたことがあります。しかし、最後の出産から3年たち、それ以降は健診を受けていません。

必要だということはわかっているのです。しかし、実際検診を受けに行くとなると、子どもを二人連れて行くことを考えるとなかなか重い腰が上がりません。
以前にしたの子供を妊娠し、検診に通う時には、上の子どもを誰も見てくれる人がいなかった為、内診台のあるところまで連れていき、内診台に私が乗る姿や足を開く姿を子供は見ていました。もし今後検診ある場合、子どもが未就学児であったら、それも考えなくてはいけないですよね。子供であっても、私はあまり見てほしくない部分です。そのことを考えると躊躇してしまいます。できれば検診の時に、看護婦さんが見てくれたり、してくれればいうことはないのですが…。キッズスペースがあってもなかなか子供が一人では遊ぶ年齢では無かったら、そこに一人残して内診台に上がるということは実際難しいと考えています。

乳がん検診は、痛いと聞くので躊躇しています。そしてマンモグラフィーというのがありますよね。触診で検査する検診よりも始めからマンモグラフィーで見てもらった方がはっきりわかるし、見逃すこともなくいいのではないかと思ってしまうのです。でも費用が掛かりますよね。決して安くありません。そこに躊躇する理由があるのです。
幸いにも私の周りにこのような癌を持って、治療を受けたことのある人がいないのです。芸能人の話などは聞きますが…。

しかし、去年乳がんで叔母を亡くしました。叔母も私のようになかなか健診に行かない人でした。周りの人に勧められても躊躇していたようです。
癌が見つかった時ではもう後の祭り。行っておけばよかったな・・・と叔母も思ったことでしょう。
私も、もう少し自覚しないといけないのかもしれませんね。40代になり、少し自分の身体もメンテナンスをしていかなくてはと思っています。
最近、このサイトを見てあれこれ考えています。夫・子供たちのためにも行っておくべきだと思っています。

※参考サイト⇒レディースドック※子宮頸がん・乳がん・子宮内膜症の早期発見

No responses yet

10月 11 2014

ネットショッピングは子育て世代の強い味方。

Published by under 未分類

私は、出産前後と出産してまだ子供が小さかった時によくネットショッピングを利用していました。

出産前後になると、スーパーへの買い物は荷物を持ったりすることや風邪などがはやる時期に感染症にかからないようにするためによく利用していました。

ネットショッピングは、本当に品数豊富で多種多様な商品が購入できるので大変便利です。いろんな商品を探す時に、お店では定員さんに聞いて探し回るので時間がかかります。

ネットショッピングなら、検索して金額もすぐ出るので素早く購入できます。 私が産後子供のオムツをまとめ買いしていました。オムツは本当にすぐなくなりますし、買いだめしておかないと不安になります。

そのため、ネットショッピングんでの購入だと玄関まで品物を持ってきてもらえるので子供を連れていく手間が省けて本当に助かりました。子供と一緒の買い物は、目が離せませんし買いたいものを吟味する時間もないからです。

ネットショッピングの利点はたくさんありますが、欠点もいくつかあります。思っていた商品と違うことです。

素材やサイズだったり、特に靴と洋服はあまり買わないことにしていました。目で見る商品と写真の商品と違うことがあったからです。

靴や服は、お店で試着してから購入してます。納得して購入すれば後悔せずにすむし、返品の手間が省けるからです。

テレビで、私のように洋服や靴をお店で試着してお店で買わずネットで購入する方が増えたため、店側の売り上げ低下につながっているという報道を見ました。

そこで、ネットショッピングで選んでお店で試着して気に入ったものをその店で購入するというサービスが始まったお店が出てきたそうです。

また、買い物だけでなく、カードの申込みや旅行の予約などもネットで出来て便利になりましたよね。

インターネットの申込みもネットですることが出来るので、引越しをする時などは事前に引越し先での申し込みをしておけば、引越しをしてからもスムーズに利用する事が可能となりますよ。

参考サイト:引越し先ですぐにインターネット・電話を利用する方法

ネットショッピングは欲しいときにすぐ買えるので、子育て世代にとって不可欠な存在になっていると思いました。

No responses yet

10月 08 2014

驚くほど何もしない殿様

Published by under 未分類

うちの主人は、本当に何もしません。皿洗い、洗濯、掃除、風呂掃除、女がやるような作業は一つも手伝いません。私も若い時は働きに出ていたので、何で手伝わないの!と喧嘩になることも多々ありました。

その喧嘩に返ってくる言葉はいつも「先にやるから」でした。いざ、皿洗いも放って置くと半日はそのままで結局私がやる事に。

そして私が専業主婦になってからは更に何もせず、一言何か言おうものなら「仕事して疲れてるんだ」のお偉いさんぶり。

夕飯の支度をしているにも関わらず連絡なしに飲んで帰宅することに文句を言うと「仕事だから」。そんなに仕事している人間は偉いのか!と何度も大喧嘩しました。

基本家事が好きじゃないようです。理由は実家での様子でよく分かりました。 主人の実家に行けば義母がせっせと主人に至れり尽くせりで育ったという事が一番の原因です。

何もしなくてもお茶が出て、何もしなくても御飯が出て、何もしなくても後片付けがしてあり。一日中座っていても不自由なく義母がやってしまっているからという事に気づきました。

これでは、いくら私が手伝え、手伝えと文句を言った所でもう無駄だと分かり、それからは一切手伝ってくれと口にしたことがありません。

毎週末主人の実家に行き、朝食から夕食まで私一人で作りその間お風呂掃除庭掃除部屋掃除、一通り済ませて買い出しに行き自分の自由時間なんてほとんどありません。

それでも一切私は愚痴もこぼさず、だれも手伝ってくれなくても何も言いません。もちろん主人から労いの言葉も聞いたことがないです。それが当たり前と思っているのか何なのかわかりませんが。

最近では、家事のしすぎか、関節痛がひどくて。。。本当に困ってます。

この年になって本当に思うことがあります。血は水より濃いんです。私は実家が遠いので身内が近くにいません。主人の実家に行けば私一人抜け者みたいな感じです。毎日毎日何とか平和に過ぎることだけ願って生きています。

これがあと何年何十年と続くのかわかりませんが、もう少し頑張って生きたいと思います。

No responses yet

10月 01 2014

我が家の節約術

Published by under 未分類

我が家では食料品、消耗品、光熱費、その他必要な物で小分けの袋を用意しています。 毎月給料日にそれぞれ必要な分のお金を引いてきて、決まった金額を入れておきます。 食料品用の袋はさらに一週間分ずつ分けます。 やはり一番削れるところは食費なので、いつも少なめに設定しています。

基本買い物に行くのは一週間に一回。野菜や牛乳など足りなくなったら買い足すという方法をとってます。 一週間の献立をだいたい考えて買い物に行くので無駄な物を買わなくて済みます。 スマホの広告も必ずチェックします。 だいたいは決まっていた献立も広告しだいで変更になる事もしばしば。

後は基本中の基本ですが、無駄に電気を点けっぱなしにしない(テレビは電源から切る)。 使ってないものはコンセントから抜く、水の出しっぱなしをしないことです。 これはエコにもなりますので徹底しています。

節約する理由としては、やはり突然何があるかわからないので、少しでも貯金をしておきたいというのが一番大きいです。 これから子供が大きくなったら沢山のお金がかかりますし、ローン(主婦でも借りれる金融業者※専業主婦の私でも借りれました。)をあまり組みたくないので、電化製品など壊れたら現金で買いたいですし。

ですが、ずっと節約ばかりも疲れるし、楽しく貯金がしたいので500円貯金もしています。食品を買った残りの500円玉をコツコツ溜めてある程度貯まったら千円札と入れ替えて決まった金額が貯まったら外食に行ったりもしながら楽しく貯金をしています。

無理なく節約を楽しんでいます!無理なくせつやくを楽しむっていうことがすごく重要かもしれませんよね。無理して続けていくのってなかなか難しいですから。続かなくなってしまうことがほとんどです。

周りの友人たちを見ていると、ローンを組んで生活をやりくりしている子もときどき見かけますが、やはりそうはなりたくないという思いはあります。その子たちもローンを組みたくて組んでいるんではないでしょうが、私の中で小さいころからお金を借りるのはあまりいいことではない教えられてきたというのが大きいのかもしれません。

No responses yet

9月 10 2014

母子ともにイヤイヤ期

Published by under 未分類

私は今、年子の幼児二人を育てていますが、一番悩んでいることは、上の子がイヤイヤ期であることに加え、下の子がまねっこの時期なので一緒に何でもイヤイヤいうことです。

何を言ってもイヤ、他に選択肢を与えてもそれもイヤ、しまいにはイヤ~と泣き出してしまう時は、本当にどうしようかと思います。

意地でも言うことを聞かせなくてはいけない時もあるのですが、頭ごなしに怒らないようには心がけていて、本人が納得できるようにしてあげたいといつも考えてはいます。しかし、毎回毎回そんな自分に余裕がないので、つい感情的になってしまったりしてしまいます。そんな自分を反省しては気を付けるのですが、なかなか思うようにいきません。

そんな中、下の子が覚えた言葉が「イヤ」です。何かにつけてイヤと言います。ひどいときはイヤイヤ~と反り返ってバタバタしたりします。このような状況が、二人同時となると、本当に参ってしまいます。「もう、いいかげんにして!」と怒鳴り散らしてしまうのです。

そして二人とも同時に泣き出してしまう羽目になってしまいます。日々、この繰り返しです。自分を反省し、子供たちの思いをちゃんと尊重していかなければ、と挑んでは、撃沈…。こんな毎日をどうにかして抜け出したいと悩んでいます。それでも旦那は夜中遅くまで仕事だし、実家は遠方でなかなか協力も仰げない状態なので、自分一人で何とかしなければなりません。いかに心身ともの疲れている自分をリセットできるか、これにかかっているのだと思いますが、なかなか上手くいっていません。

主人は自営業をしており、自宅兼職場ではないのですぐに何か助けを求めることもできません。事業を始めるときに融資を受けているのでその返済を一日でも早く終わらせようと必死に働いています。(自営業消費者金融

一生懸命に働いてくれているのも分かるので育児を手伝って!!なんて大きな声では言えないのが辛いですね。。。休みもほとんどなく働いてくれています((+_+))

いろいろと考えると複雑ですね・・・

 

No responses yet

8月 12 2014

ファーストフードのアルバイト

Published by under 未分類

高校生の頃、事務のアルバイトをしてたが、あまり思い出がない。

しかし、大学生の頃のファーストフードのアルバイトの思い出が有り余っている。大学生になり、一人暮らしを始め、放任主義な両親からの仕送りはなし。

自然とアルバイトをすることになった。何故、ファーストフード店にしたかというと、簡単に採用してくれそうだったから。大手のファーストフードでアルバイトの人数も多く、受かるだろうなと思い、受け、案の定採用された。

時給は700円で、当時の最低賃金が653円だったから安すぎず高すぎず・・・。しかし、今思うともっと高時給の所にすれば良かったと、後悔。

アルバイトの内容もちょっとのんびりしている私には少しハードだった。しかし、慣れれば楽しくなるだろうと思い、半年間は週4でアルバイトに励んだ。

人間関係が良く、楽しくアルバイトができた。しかし、仕事はあまり上達しなかった。なぜなら私は、二つの作業を一気にできないからだ。ファーストフード店だから、スピードが大切だった。

二つの作業を一気にすることは他のアルバイトのメンバーには朝飯前だった。私はいつまで経ってもできなかった。また、原付バイクを持っていなかったため、通勤は自転車だった。

片道20分。雨の日は、徒歩50分。運動嫌いの私には地獄だった。しかし、私はこのアルバイトを卒業まで続けた。最後まで、上達はできなかったが・・・。

何度も何度もやめようと思ったが、新しいアルバムを探すのも面倒で新しく仕事内容を覚えることも面倒だと思っていた。今思うと本当に、後悔しかない。時給が良い、自宅から近いアルバイト先にするべきだと後悔している。

この事一緒にアルバイトを始めた友人は、アパレル関係のアルバイトを始め、今では店長にまで上り詰めている。

一緒の時期に始めたバイトなのにこの差は…って感じだ(*_*)

もちろん私がアパレルの仕事をしていたらこうなっていたかと言えばそうではない。しかい、あの時に楽そう、すぐ受かるだろう、という甘い考えさえなければ…と思ってしまう。

今更何言おうが仕方のない事なのだが。。。

No responses yet

3月 11 2014

落ち着く。。。

Published by under 未分類

昆布が大好きな私。噛めば噛むほど味が出ますよね。私もそんな味の出る人になりたいですwww

昆布の中でも、塩昆布と昆布茶は特に好きですね。なんかお婆ちゃんの朝食みたいですが、最高に美味しいです。

どんなにイライラしていても、この2つを出されたら落ち着きますね(^_^)

私のストレス発散アイテムです(^o^)

No responses yet